芸能界の離婚

世間に知られる芸能人の離婚

大物芸能人の離婚

離婚問題で話題になるのが大物芸能人の離婚報道です。

大澄賢也さんと歌手の小柳ルミ子さんの離婚報道は特に加熱していたのを記憶しています。年の差婚もあり若いご主人の大澄さんが逃げたようなかたちとなっていました。姉さん女房の年の差にも限界があるのでしょうか?

俳優の保坂尚輝さんと女優の高岡早紀さん、歌手の郷ひろみさんと女優の二谷友里恵さん、俳優の大鶴義丹さんとタレントのマルシアさん、超大物離婚劇としては俳優の神田正輝さんと歌手の松田聖子さんの時は国中が離婚報道でもちきりだった程、話題になりました。歌手の松田聖子さんの離婚後の異性関係でモデルで外国人の彼氏に暴露本が出版された時は日本では珍しい暴露話で話題になりました。

オシドリ夫婦と思われていた俳優の松平健さんと元宝塚スターで女優の大地真央さんの離婚劇も電撃離婚の感があり、世間をあっと言わせました。

離婚問題は芸能界だけの話ではなく、世間一般的になってしまいました。一昔前は、身内に離婚話が持ち上がると親族総出で説得にあたっていました。しかし、個人の自由が一般化していまいシングル、バツイチも当たり前となってしまっています。

年の差夫婦は離婚が少ない?

芸能界ではよく20歳位離れた年齢で結婚しましたと言うような報道や記事をよく目にしますが、これらの夫婦が離婚しましたと言うような報道や記事はあまり見た事がありません。芸能界だけに関わらず、世間一般的に年の差夫婦が離婚するケースは少ないような気がします。

ある大学では、夫が妻よりも5歳以上年上の場合、離婚率は平均の6分の1位に減少するとの調査結果が出ました。

このように夫が年上の場合の離婚が少ない理由として、年の差がある方が夫がリーダーシップを発揮でき、頼りがいがあったり、経済力もあるため生活が安定できているため夫に多少の不満があっても我慢できる事があるようです。

又、妻に対して優しく接する事が挙げられ、特に10歳以上も年が離れた夫婦間では優しさは勿論ですが、わがままも聞いてくれる存在のようで、妻からすれば上手く夫を持ちあげる事で円満な夫婦関係になるようです。

逆に妻が年上の場合は離婚するケースが増えるそうです。