仮面夫婦の継続と離婚

仮面夫婦を演じ続ける理由とその影響

相手のこと家族のことを考えてみる

仮面夫婦は、離婚したいが離婚できない事情や理由が色々あるのではないでしょうか。

仮面夫婦に限らず離婚が増えていると思われますが、離婚を考えていても離婚できない理由として子供の問題・経済的問題・世間体等、様々です。

具体的に日常生活の中では、お互い相手の行動が無関心になります。相手に起こる嬉しい、楽しい、悲しい事等の全ての事に全く関心がなくなりどうでもいいような感じでお互いの事を見たりします。又、当然の事ながら相手に関心がなくなるとセックスレスになります。キスをする事や手を繋ぐ事もなく次第に会話もなくなり食事等も別々に摂る事もあり、ただ着替えや寝るために家に帰る位の感覚になります。

このような状態になってしまった原因が何なのか、お互いが相手の気持ちを理解しながら、話し合いをしていかないと開いた穴の修復は中々難しいと思います。

仮面夫婦は、心が離れている状態で生活をしている状況にあるため他人のように一つ屋根の下で生活しているようなものです。冷え切った夫婦関係の修復させるために一旦、別居してみる事を考えてみてはどうでしょうか。この別居は、お互いの同意が必要になりますが、一度離れて生活し、冷静に気持ちを整理し、じっくりと考え、一番適切な方法を選択する事も大切です。

又、離婚したくないと思っている人や未練や情がまだ残っているというような人は、調査会社等を利用してみてはどうでしょうか。調査会社によっては、「別れさせ屋」もありますが、「復縁工作」というようなサービスを行っている調査会社もあるようです。

仮面夫婦の子供の心情とは

仮面夫婦に限らず子供は大切な存在と思います。離婚を考える時の悩みは、経済的な問題・子供の問題が最も多いのではないかと思います。経済的な問題は、慰謝料・養育費・親族等からの支援等がありますが、離婚を決意すれば何とかなるのではないでしょうか。

しかし子供の問題は、生身の人間ですであり子供が小さければ一番敏感な時です。子供は親の姿を見て育つと言いますが、家庭内の日常生活の夫婦の様子や態度等、一緒に暮らしているのでおかしいと思っているはずです。子供は、非常に敏感でデリケートですから親がこんな状態になったのは、自分が原因なのかと思ったり、自分が原因で離婚できないのか、この先どうすればいいのか等、自分を責める気持ちになります。子供に大きな負担や罪悪感を持たせたり、希望を見出せない事にもなりかねなくなり、子供にとっても非常に辛い状況になります。

このような生活環境を続けるよりもケジメをつけて子供の事を一番に考える事が大切です。

仮面夫婦の場合、修復は難しいかもしれませんが、仮面夫婦を続けるよりもケジメをつけて、まずは子供の事を一番に考えて前に進む事が大切です。